アルジャン アルジャン Argent

「犬の咬む力」と「最強の犬」

犬種のサイズによって咬む力に差がある

 

これまで「犬の嗅覚」「犬の視覚」「犬の聴覚」「犬の脚力」「犬の尻尾」についてご紹介しました。

 

今回は犬の咬む力についてお伝えします。

 

咬む力と強い犬は比例するのか?

 

その点にも注目したいと思います。

 

人間でも体格差で力が違うように、犬も同じことがいえます。

 

小型犬→中型犬→大型犬と咬む力が増していきます。

 

ではそれぞれどの程度の噛む力があるのでしょうか?

 

小型犬の咬む力

 

ここでは10kg未満の仔を小型犬とします。

小型犬でいえばチワワを筆頭に、ヨークシャーテリア、マルチーズ、トイプードルなどですね。

 

小さくてとてもかわいい犬種です。

トイプードルを抱っこしていたら、ぬいぐるみを抱っこしているように見えちゃいます。

 

10kgに近い犬種は柴犬くらいまでが入ります。

 

このサイズの犬種で咬む力が なんと100kg もあるのです!

 

 

アルジャンの犬 オリジナルイラストでご紹介。

毛色は選抜!画像をクリック・タップで詳細ページへ移動します。

 

犬 イラスト ステッカー チワワロングコート ロングコートチワワ ブラックタン犬 イラスト ステッカー ヨークシャーテリア ヨーキー ブラックタン

犬 イラスト ステッカー マルチーズ ホワイト犬 イラスト ステッカー トイプードル トイプー ファンシータイプ アプリコット

犬 イラスト ステッカー 柴犬 赤毛

 

100kgといわれてもなかなかピンときませんよね?!

 

人間は体重に比例するといわれますから、体重が60kgの人なら噛む力が60kgということです。

※男女をはじめ個人差があります。

 

小型犬のサイズはもちろん小さいですね。

それでも100kgとは恐るべき咬む力を持っています。

 

 

このかわいい仔たちが人間よりも咬む(噛む)力が強いのは驚きです。

 

 

中型犬の咬む力

 

ここでは10〜25kg未満の犬種を指します。

 

ビーグル、甲斐犬、スピッツ、シェルティー、ボーダーコリーなどですね。

 

犬 イラスト ステッカー ビーグル ファンシータイプ トライカラー犬 イラスト ステッカー 甲斐犬 ファンシータイプ 中虎毛

犬 イラスト ステッカー 日本スピッツ スピッツ ホワイト犬 イラスト ステッカー シェルティー シェルティ シェットランドシープドッグ 立ち耳 セーブル

犬 イラスト ステッカー ボーダーコリー たれ耳 レギュラータイプ ブラックホワイト

 

幅はありますが、小型犬以上の100〜150kgほどもあります。

 

やはり犬種が大きくなると咬む力が増してきます。

 

 

大型犬の咬む力

 

25kg以上が大型犬です。

 

上限がなく、超大型犬に分類されるタイプまでいますが、ここではジャーマンシェパード、ハスキー、ドーベルマン、アメリカンブリー(ピットブル)とします。

 

犬 イラスト ステッカー ジャーマンシェパード シェパード ブラックタン犬 イラスト ステッカー シベリアンハスキー ハスキー シルバーホワイト ブルーアイ

犬 イラスト ステッカー ドーベルマン たれ耳 ブラックタン犬 イラスト ステッカー アメリカンブリー 折れ耳 ブルー

 

イラストでもちょっと強そうに見えますね。

 

ちなみにアルジャンの看板犬2号はアメリカンブリー(ピットブル・ブリータイプ)です。

 

イラストの仔は平均的な脚の長さで描いていますが、アルジャンの仔はガニ股ちゃんの短足犬です(汗)

 

▼ちなみにこんな感じ▼

アメリカンブリー 局

 

では大型犬の咬む力です。

 

中型犬よりも強い150kg以上はもちろん、200kgほどあります。

 

アメリカンブリーなどは200kg以上もあります。

 

つまりアルジャンの看板犬2号が本気で僕を咬んだら、やばいことになりますね(笑)

 

 

犬の咬む力が強い理由

 

人間は噛む力を総称して「咀嚼筋(そしゃくきん)」といいますが、昔の人と比べて現代人は弱くなっているそうです。

 

一方の犬の咬む力を支えているのが、「咬筋(こうきん)」いいます。

 

咬筋は収縮性に長けており、犬の筋力の中でもっとも強靭といわれています。

 

それゆえに咬む力が見た目以上に強いのです。

 

 

 

犬種の最強ランキング

 

 

咬む力が強い犬が最強なのか、それとも体が大きい犬が最強なのか。

 

ここからは強いといわれる犬種についてお伝えします。

 

ネットではさまざまな最強の犬のランキングが発表されています。

 

ここでは海外サイトの「The Workd’s 10 Most Dangerous Dog Breeds」からご紹介します。

 

このサイトの順位が正解なのか正直わかりません。

 

もちろん同じ犬種でも個体差はありますし、まぁだいたいこういう順位だろうというと思ってご覧くださいね。

 

 

※各犬種アルジャンのオリジナルイラストの毛色は、ランダムにチョイスしたものです。

 

10位 グレートデーン

 

犬 イラスト ステッカー グレートデーン グレートデン たれ耳 フォーン犬 イラスト ステッカー グレートデーン グレートデン 立ち耳 ブラック白エプロン

 

大型犬の中でも超大型犬です。

 

世界一体高が高いといわれる犬種です。

※アイリッシュウルフハウンドがもっとも体高が高いという見方もあります。

 

その犬種がまさかの10位。

 

もっと強いイメージがありました。

 

9位 ボクサー

 

犬 イラスト ステッカー ボクサー たれ耳 レッド 犬 イラスト ステッカー ボクサー 立ち耳 フォーン

 

25〜30kgの大型犬。

 

確かに強いイメージがありますね。

 

 

8位 ウルフハイブリッド

 

国内登録がないので、アルジャンにはイラストがありません。

LINE

ジャーマンシェパードとオオカミのハーフです。

 

オオカミの血が濃くても8位とは・・・

 

この先のランキングが気になるところです。

 

 

7位 アラスカンマラミュート

 

犬 イラスト ステッカー アラスカンマラミュート ブラックホワイト

 

35〜38kgの北極圏の極寒に耐えれる犬種です。

 

 

6位 シベリアンハスキー

 

犬 イラスト ステッカー シベリアンハスキー ハスキー シルバーホワイト ブルーアイ

 

20〜30kgの大型犬。

 

バブル時代はたくさんの家庭で飼われていたので、身近に感じる犬種です。

 

ブルーアイの仔はまさにオオカミという見た目でかっこいいですよね!

 

しかしアラスカンマラミュートよりも強いとは驚きでした。

 

 

5位 ブルマスティフ

 

犬 イラスト ステッカー ブルマスティフ ドーグドボルドー レッド

 

36〜45kgの大型犬です。

 

かなり強い犬とは知ってはいましたが、それでも5位です。

 

この先の順位が気になります。

 

 

 

4位 ドーベルマン

 

犬 イラスト ステッカー ドーベルマン たれ耳 ブラックタン 犬 イラスト ステッカー ドーベルマン 立ち耳 レッドタン

 

30〜40kgの大型犬です。

 

性格は友好的で優しい犬種ですが、やはり強いのですね。

 

「やるときはやる!」って感じでしょう。

 

いよいよここからベスト3に進みます。

 

 

 

3位 ジャーマンシェパードドッグ

 

犬 イラスト ステッカー ジャーマンシェパード シェパード ブラックタン

 

30〜40kgの大型犬です。

 

おや?って思いませんか??

 

それは8位にランクインしているウルフハイブリットよりも、ジャーマンシェパードドッグの方が強いのです。

 

このシェパードにオオカミを交配して誕生した犬種よりも、シェパード単体の方が上位。

 

オオカミですよ。

 

ちょっと疑問に感じますが・・・。

 

 

 

 

2位 ロットワイラー

 

犬 イラスト ステッカー ロットワイラー ブラックタン

 

50kg前後の大型犬です。

 

僕は個人的に大好きで、局(ピットブル・ブリータイプ)を迎える際に悩んだ犬種なのです。

 

大きすぎて断念しちゃいました(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして栄えある最強ナンバーワンはこちらの犬種。

 

1位 アメリカンピットブルテリア

 

犬 イラスト ステッカー ピットブル たれ耳 ブルー 犬 イラスト ステッカー ピットブル 立ち耳 フォーン

犬 イラスト ステッカー アメリカンブリー 折れ耳 ブルー 犬 イラスト ステッカー アメリカンブリー 立ち耳 レッド

 

イラストはピットブルのショータイプとアメリカンブリーです。

 

20〜40kgとタイプによって幅があります。

 

中型犬に属したり、大型犬だったりと体格によってバラバラです。

 

あら?!アルジャンの看板犬は最強の犬種?

 

そして僕が迎えたかった犬種が1位と2位でした(笑)

 

各犬種の詳細についてはいずれ「◯◯を知る」というタイトルで、ブログに綴りたいと思います。

 

 

 

まとめ

 

最強ランキングが必ずしも正解か?といわれたら、疑問に感じる順位もあります。

 

しかし1位と2位については、ほとんどのサイトでも一致していますから、ピットとロッティは最強といえそうです。

 

今回の1〜10位でアルジャンのオリジナルイラストでなかったのは、ウルフハイブリッドのみでした。

 

やはり170犬種あるとこういう時に使えていいですね。

 

さてランキングを見ていただくと、大きい犬種が必ずしも最強ではないことがわかります。

 

1位のピットブルがよい例です。

 

噛む力が強く、運動神経が良いなどのバランスが大事なのでしょう。

 

そして何よりも闘争心の強さが大きく関わると思います。

 

なお、ピットブルは外見上はショータイプと同じですが、「闘犬タイプ」が1位ということです。

 

ピットブルには「闘犬タイプ」「ショータイプ」「ブリータイプ」の3パターンがあります。

 

通常ペットとして迎えられているのは、ショータイプとブリータイプです。

 

闘犬タイプだけなのか、ショータイプも含まれるのかわかりませんが、ピットブルは本場のアメリカでは飼育禁止の州が多く、ヨーロッパ各国でも禁止や制限があるのです。

 

ちなみにブリータイプはOK!のはずです。

 

最近ではハリウッドスター御用達の犬種として話題になっていますので!

 

ちなみに僕が見た闘犬タイプは、確かに顔つきが怖かったですね。

 

ショータイプと同じ姿格好ですが、やはり違う!と判ります。

 

そして何よりも価格が1,000万円!

 

驚きました。

LINEスタンプ 焦る びっくり

 

今回は犬の噛む力と最強ランキングをお伝えしました。

 

 

犬・猫・フクロウのステッカー・トートバッグ制作販売店|アルジャン

アルジャン アルジャン Argent

国内最大級の犬・猫・フクロウのおしゃれなイラストステッカー販売店
【アルジャン】では、スマホ・PC・車など、様々な用途で使える
170犬種、18猫種、4梟種をベースに1,400パターン以上の
豊富なバリエーションを取り揃えております。
またランチや散歩に最適なトートバックは、
オリジナルカスタマイズのご相談もお受けしております!

屋号 アルジャン
住所 〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12
営業時間 平日10:00〜17:00
定休日 定休日:日曜日(実店舗は不定休)
代表者名 福田 明美(フクダ アケミ)
E-mail info@argent-store.com

コメントは受け付けていません。

特集

〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12

平日10:00〜17:00
定休日:日曜日(実店舗は不定休)