アルジャン アルジャン Argent

ブレーキのオーバーホール【ひとりごと】

ブレーキ鳴き(キーキー音)

 

先月からバックの時にブレーキ鳴きが始まり、先日からは前方走行時からのブレーキングでも鳴くようになったMINI。

そしてブレーキペダルタッチが手前に感じるので、MINIの主治医へ連絡してみてもらうことに。

 

 

キャリパーポットがおかしい

 

キャリパーとはディスクブレーキのパッドを収めている重要な部分です。

 

キャリパー

 

キャリパーをバラしてキャリパーポットの動きを確認すると、外内2つのうち1つの動きがおかしい。

キャリパーポットの写真はありませんが、ブレーキペダルを踏んでポットが出ることでブレーキパットがディスクを挟んで車は止まります。

左右のフロントブレーキが同じ症状でした。

 

どうやらブレーキのオーバホールが必要なようです。

LINE

 

 

MINIを購入したショップが悪かった

 

愛車のクラシックMINIは近くのMINI専門ショップで購入しました。

長年営業しているショップなので、「ここなら間違い無いだろう」という安易な考えでした。

LINE

 

エンジン整備済みと各所をチェックしてから、車検をとり納車された車です。

 

実際のところはエンジンとミッションは他の車から移植しただけ。

よって実走行距離は不明ということです。

しかも2速の入り具合が悪いので、スムーズにギアチェンジするにはコツが必要。

これはやっとマスターした感じです。

 

通常エンジンとミッションを載せ換える時は、悪い箇所を修理や新品の部品に交換するのが普通です。

 

 

しかし、

 

何もやってもらっていないことが判明。

エンジンやミッションだけでなく、今回のブレーキの不具合も同様。

 

もう最悪です。

 

今回は主治医にみてもらってから、その場でキャリパーポットの研磨作業からしてもらいました。

いずれは自分で修理したいので、助手として一緒に手伝わせてもらいました。

おかげでずいぶん理解できましたよ。

LINE

 

あのショップで購入した結果、知ることができたのはプラスですね。

そう、いいように捉えるようにします。笑

LINE ぷぷぷ

 

フロントディスクのキャリパーを5時間かけて左右ともにオーバホール。

おかげでブレーキはバッチリ直りました!

 

 

さらに呆れた

 

先日のブログ「エンジンを綺麗にする【ひとりごと】」で、エアクリのことも綴りました。

 

写真のエアクリは純正のようですが、湿式と見間違うほどにベトベトな状態。

僕は新品の純正エアクリを知らないので、みてもらった結果は「乾式」とのこと。

 

このベトベトした状態は吹き返しによるもの。

そして長年交換されることなく、エアクリとしての効果は発揮していないらしい。

 

マジっすか?!

LINEスタンプ 焦る びっくり

 

エンジン載せ換え時になぜエアクリを交換してくれなかったのでしょう。

エセ専門店としか言いようがないですよね。

LINEスタンプ

 

エアクリ

 

 

フィルター交換

 

純正は金額が結構高い。

しかもいつかはキノコ型に換えようと思っていたので、とりあえずネットで安価なフィルターを購入しました。

送料を含めて3,000円ほど。

 

もちろん 某国製造 の粗悪なものではありません。

 

日本で有名なMINI専門ショップから仕入れました。

 

格安なのでちょっと不安もありましたが、日本でもっとも有名なショップが販売しているものなので信用しました。

専門店を信用して失敗したのに懲りてないかも?

LINEスタンプ てへっ

 

とても綺麗なフィルターです。

 

エアクリ マルヤマ

 

 

感想

 

吸気音が静かになりました。

レーシーな吸気音が好みなので、それはキノコ型を装着するまでのお預けです。

 

オイル交換したこともありますが、スムーズにエンジンが吹け上がり、気持ちよくドライブできました。

 

交換して大正解でした!

LINE

 

今後は定期的にエアクリのメンテもきちんとするつもりです。

そして旧車なので足回りはグリスアップも必要ですし、オイル交換も3,000㎞と頻繁ですから次回からは全て自分でします。

 

旧車の維持は楽ではありませんが、車をいじることや磨くことが大好きなので楽しもうと思います。

 

 

クラシックミニにハマった理由

 

これまではいろいろな欧州車を乗り継ぎました。

大半はドイツ車で稀にイタリア車でした。

今回のイギリス車は初めてです。

 

パワーやスピードに魅せられていた若き頃。

無理して高額な車を買っていましたね。

 

しかし最近ではコンピュータが制御する車ばかり。

年齢的な考えが強いかもしれませんが、どうもその手の車が苦手。

 

前回の車は3ℓツインターボ+モーターというハイブリッド仕様でした。

もちろん加速は恐ろしく感じるほど速かった。

 

でもそれだけで、求めていたものと何かが違う感じがしてきましたね。

50代はもっとも交通事故が少ない年代と言われます。

 

僕もこの年代に入ってからはスピードにさほど興味がなくなってきました。

そして最近の車は自分でいじれる箇所がほとんどありませんよね。

やはり自分でいじって楽しみたいし、懐かしいミッション車にまた乗りたいと思うようになってクラシックミニを選びました。

 

パワステはないし、手回しのウィンドウ開閉。

もちろんオートロックやキーレスなんてものもありません。

 

乗り心地はわずかな段差でも跳ねますから、長時間のドライブは腰が痛くなります。

通常のクラッチ操作で運転しているミニ乗りの方もたくさんいますが、僕は旧車ならではのダブルクラッチで操作します。

そして1速とバックギアに入れる前は、2速を経由してからチェンジします。

 

とにかく操作が忙しい車です。

 

でも、

 

クラシックミニは素朴で走る喜びを感じる車。

 

まるでコーカードを運転しているような感覚。

 

決して速くはないけど、法定速度内でも十分に走る楽しみを感じれる車はそうはありません。

 

 

いつかはもっと古いMINIに乗りたいと思っていますが、しばらくはこのMINIを存分に味わい、修理と磨きを楽しもうと思います。

 

それにしてもあの専門店はむかつくわ〜 

LINE

(笑)

 

 

余談

 

実は購入後に知ったのですが、その専門店は結構な悪評が飛び交っていました。

 

僕がみてもらっているMINIの主治医は、その専門店で直らない車を多く修理していたのです。

 

いわゆるあの専門店でのトラブルの「駆け込み寺」になってるそうです。

 

確かにあの専門店で修理を受けているMINIは不定期ながら、同じMINIが交互にピットにいる。

 

つまり直らないから何度も入庫しているわけですね。

 

 

先日コンビニでタバコを買ってMINIに乗り込もうとした時、僕と同年代か少し上と思われる男性から声をかけられました。

 

MINIに乗っているとよく声をかけられるます。笑

 

その男性はどうしてもMINIが欲しくて、あの専門店にも行ったそうです。

 

現在は旧車が人気なので、販売車はなかったと残念がっていました。

 

 

そしてその専門店のことを聞かれたので、素直に「あそこで買うのはやめた方がいい」とお伝えしました。笑

 

こうやって口コミが広がるのですね。

 

アルジャンも変な口コミが広がらないよう、気を引き締めて商品を作ろうと思った次第です。

 

LINE

犬・猫・フクロウのステッカー・トートバッグ制作販売店|アルジャン

アルジャン アルジャン Argent

国内最大級の犬・猫・フクロウのおしゃれなイラストステッカー販売店
【アルジャン】では、スマホ・PC・車など、様々な用途で使える
170犬種、18猫種、4梟種をベースに1,400パターン以上の
豊富なバリエーションを取り揃えております。
またランチや散歩に最適なトートバックは、
オリジナルカスタマイズのご相談もお受けしております!

屋号 アルジャン
住所 〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12
営業時間 平日10:00〜17:00
定休日 定休日:日曜日(実店舗は不定休)
代表者名 福田 明美(フクダ アケミ)
E-mail info@argent-store.com

コメントは受け付けていません。

特集

〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12

平日10:00〜17:00
定休日:日曜日(実店舗は不定休)