アルジャン アルジャン Argent

50代で感じる時間の感覚

50代になると時間が早く過ぎる

 

ひと昔前は「人間五十年」

 

人間五十年は織田信長が敦盛の一節を吟じて舞った「桶狭間の戦いに」挑んだ逸話です。

 

「人間五十年 下天(げてん)の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか・・・」からきています。

 

「天上界で生きる人々を前にすると、人間世界で50年ばかり生きていることなど、うたた寝の夢に過ぎない。」という意味です。

つまり織田信長と今川義元の戦いである「桶狭間の戦い」において、今川軍勢ごときにくよくよする必要はない。

思い切り戦おうではないかという気持ちで舞ったとされています。

 

現代においてこれは人生が50年と勘違いされています。

でも織田信長は49歳で他界。

その他の武将たちも50歳前後で他界しているので、誤解されても仕方ないですね。

あ、徳川家康は長生きしたな!(笑)

 

しかし実際は明治・大正次代での日本人の平均寿命は44歳前後と知った時は驚きでした。

つまり戦国時代はもっと平均寿命が短かったのでしょう。

 

僕の祖母は明治生まれでしたが、92歳まで生きました。

よって明治時代の平均寿命には尚更の驚きでした。

 

とにかく医療が発達していなかった時代では、平均寿命が短いことになります。

 

今、この世に生きていることに幸せを感じないといけませんね。

LINE

 

 

年代によって時間の感覚が違う

 

僕は人生50年を過ぎて数年が経ちました。

次に迎える節目は還暦ということになります。

 

さてこのブログをお読みの50代の皆様にお尋ねします。

50代になってから、1日の時間がとても短く感じませんか?

 

僕は40代の頃を思い浮かべて比較してみましたが、50代になってかなり早く感じています。

 

年々1日が過ぎるのが早い。

 

そして1年経つのがとても早いです。

 

 

 

ジャネーの法則

 

歳を重ねると時間を早く感じる理由は「ジャネーの法則」に当てはまります。

 

「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する。」

 

ここでは50歳を基準としますので、5が付く5歳児を例に挙げます。

 

5歳の子供にとって1年の長さは人生の1/5に相当します。

 

それが50歳になると1/50ということです。

 

つまり「50歳にとっての10年間=5歳児の1年間」と感じ方がこんなにも違うのです。

LINE

 

充実した50代を生きる

 

子供の頃は時間が遅く感じるので、何か物事を始めてからそれを続けることが難しいのかもしれませんね。

一方の50代は逆に早く感じるので、始めたことを続けれるようになる気がしています。

 

僕は今でこそ始めたことは徹底的に続けることができますが、子供の頃はすぐに飽きて投げ出していました。

この変わりようは年齢がなせることだと思います。

 

社会人となりそこそこ根気よく続けれるようになってきましたが、現在の50代の根気と比べたら微々たるものでしたね。

 

今は自他共に認める根気・根性があり、集中して物事に取り組めて継続できています。

 

「1日が短い、もっと時間が欲しい。」あるいは「僕がもう一人、いや二人欲しい」と思うことがあります。

それだけあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

時が進む時間が早いから、無駄な時間は過ごしたくない気持ちでいっぱいです。

 

そんな50代ですから、仕事と余暇を充実させたいものです。

LINE OK

 

ペットと暮らせる時も残り少ない

 

現在アルジャンには2頭の看板犬がいます。

2頭とも今年で4歳です。

 

あと6年〜10年少々は一緒に暮らせると思っています。

でもそのあとはどうでしょう?

 

僕が還暦を迎えたあとで、ペットを迎えることはかなり悩みます。

残りの人生があと何年あるか分からないことが理由です。

 

ペットを残して先に逝くことは無責任です。

最期までペットの面倒をみることが、ペットを飼う人の義務です。

 

子供の頃から犬猫、小動物から鳥までいろいろ飼ってきた僕としては、僕が逝くまで一緒に暮らしたいとは思いますが、それは不可能ですね。

どこかで見切りをつけなくてはいけません。

 

僕にとって歳をとることでもっとも辛いのは、ペットと暮らせなくなることです。

時には笑い、時には怒って叱る日々を過ごしてきましたので、それがなくなることは辛いですね。

LINE

 

趣味に費やす時間がなくなる

 

次に辛いのは唯一といえる趣味の車です。

いつかは運転が困難になるでしょう。

特に今では少なくなったMT車に乗っていますから尚更です。

 

この趣味がなくなったらどうしましょう?

今から怖くなります。

でも老いて運転の操作が思うようにならず、事故で自分だけでなく、相手に怪我を負わせてしまうことを考えたら、いつかは降りなくはなりません。

LINE

 

今からでも遅くない

 

もしかしたら年老いてアルツハイマーを発症するかもしれません。

それは病気で止むを得ませんが、痴呆症にならないようにいつも頭を使おうと思います。

 

もともと賢くないので、他の方すれば「それで頭使ってるの?」と思われちゃうかな?(汗)

でも僕なりに日々頭を働かせて、日々の生活を過ごすように気をつけたいと思います。

LINE

 

 

健康の問題

 

僕は若い頃から健康には無頓着で、今と違い夜型人間でした。

深酒の日々。

 

幸か不幸か二日酔いの経験なし。

 

人からは「鉄の肝臓」と言われますが、実際は肝臓のダメージは蓄積されています。

 

両祖父ともに酒好きが原因で早くに亡くなっています。

その血をまともに受け継いでいる僕です。

 

父親は酒は仕事上のみの下戸でしたが、やはり寿命は短めの66歳。

伯父(叔父)もみんな60代で死去しています。

 

それを考えると僕の残りの人生はあと10年前後かも。

 

あ、先祖はみんなハゲましたが、僕はしっかり髪があります。

ここだけがもう少し生きれる希望かな?(笑)

 

冗談はさておき、そろそろ終活も視野に入れる時期になっています。

 

変わらず酒豪でヘビースモーカーですが、一年以上前から超早寝早起きで健康は維持しています。

20時頃には酔って早々に寝て、翌朝2時か3時には起床。

2時、3時は朝ではなく、夜中と妻からは言われていますけどね。(笑)

 

そして早朝仕事の日々。

制作は基本年中無休です。

 

この規則正しい生活で、健康を維持しているように思えます。

 

それ+として、庭仕事と洗車などで体を使っています。

これも健康にとって+ですね。

LINE OK

 

まとめ

 

アルジャンのお客様の年齢層は20代から70代と幅は広いのですが、その中でもっとも多い世代は50代のようです。

このブログを読まれているお客様もおそらく50代が多いのではないでしょうか?

 

もちろん60代、70代の方々は50代の頃を思い返され、そしてこれから50代を迎える40代の方々にはこんなに時間が早く感じることになる事実を、知っていただけたら幸いです。

 

50代以上は時間が早く感じるようになります。

1日を無駄にせず、仕事に趣味に充実した日々を一緒に送りましょう。

 

そしてこのブログは犬猫フクロウのアルジャンのブログですから、きっとペットと暮らしている方が多いことでしょう。

許される限りペットと一緒に暮らして、残りの人生を楽しみましょう。

LINEスタンプ はーい

 

 

 

犬・猫・フクロウのステッカー・トートバッグ制作販売店|アルジャン

アルジャン アルジャン Argent

国内最大級の犬・猫・フクロウのおしゃれなイラストステッカー販売店
【アルジャン】では、スマホ・PC・車など、様々な用途で使える
170犬種、18猫種、4梟種をベースに1,400パターン以上の
豊富なバリエーションを取り揃えております。
またランチや散歩に最適なトートバックは、
オリジナルカスタマイズのご相談もお受けしております!

屋号 アルジャン
住所 〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12
営業時間 平日10:00〜17:00
定休日 定休日:日曜日(実店舗は不定休)
代表者名 福田 明美(フクダ アケミ)
E-mail info@argent-store.com

コメントは受け付けていません。

特集

〒807-1122
福岡県北九州市八幡西区東石坂町1-12

平日10:00〜17:00
定休日:日曜日(実店舗は不定休)